オーストラリアで運転するために必要なこと

オーストラリアの国土は日本の21倍。
街の作りも大きく広がっていて、車を運転できると観光にも生活にも便利です。

オーストラリアで車を運転するために必要なことをまとめました。

短期滞在なら翻訳書類のみで運転できる

海外で運転するには国際免許証が必要だと思うかもしれませんが、オーストラリアでは、短期滞在ビザの場合、日本の運転免許証の英語翻訳を携帯すれば運転することができます。ただし、この翻訳は、認定翻訳家によって行われないといけないので、領事館で頼むのが一般的です。発行には3営業日かかり、発行手数料は$25です。

国際運転免許証を取得する

国際運転免許証は日本で取得します。
有効期間は1年ですが、オーストラリアだけでなく、他の国にも旅行に行き、車に乗りたい場合に便利です。
東京都の場合、発行手数料は2,650円、免許センターで申請すれば即日発行が可能です。
運転免許証、パスポート、顔写真が必要になります。

オーストラリアの免許に書き換える

車を購入するにはオーストラリアの免許に書き換える必要があります。

免許の書き換えを行えば、身分証明証にもなり、翻訳書類を持ち歩かなくて済むので、便利です。

メルボルンでVIC州の運転免許証に切り替える流れ

日本の運転免許証の翻訳証明を取る。
在メルボルン領事館で取得できます。サザンクロス駅から徒歩10分です。

VicRoadにアポイントメントの予約を入れる。
VicRoadのウェブサイトでアポイントメントの予約を取ることができます。

予約当日は

  • 日本の運転免許証と英語翻訳
  • パスポート
  • アプリケーションフォーム(VicRoadで記入するか事前にウェブサイトからダウンロードして記入していくこともできます)
  • 住所証明(銀行のステートメント等)
  • 登録料(3年間$80.8)

が必要になります。

当日は紙の一時免許証を渡され、後日、家にカードの免許証が届きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です