メルボルンで運転するために知っておきたいこと

日本の運転免許証を持っていれば、試験なしで、オーストラリアの運転免許証に書き換えられますし、国際運転免許証でも運転できるので、オーストラリアで運転するハードルは低く、運転する機会も多いかと思います。

ただ、オーストラリア特有の、さらにはメルボルン特有のルールもあるので、実際に運転する前に知っておきたいところです。

右折する時には、左側で待つ

メルボルンで運転するのに一番厄介なのが、ホックターンです。

“Turn right from left”の標識があるところでは、右折する際に左車線に入り、交差点内で待機して、曲がる先の信号が青になったら右折します。(動画を見てもらえるとわかりやすいと思います。。)

2台以上の車が交差点に入ることができ、1台目の車は外側の車線に、2台目の車は内側の車線に右折していきます。

トラムの近くを運転する時

メルボルンにはトラムがたくさん走っていますが、トラムは道路の中央を通っており、中には、安全地帯のない停留所があります。そのため、トラムが停留所で止まっている際は、乗り降りする乗客のために、トラムの後ろで待たなければいけません。

また、トラムレーンは右折する時以外に走行してはいけません。

基準の速度は60km/h

運転する上で速度制限を確認しておくことは重要です。
もちろん標識がある場所は標識が優先ですが、基本的な基準として速度制限を挙げておきます。

  • 一般道路→60km/h
  • 街中→40km/h
  • ハイウェイ→80km/h
  • フリーウェイ→100km/h

街中でも学校の近くなどで、通学時間帯に速度制限が落とされる場所があります。フリーウェイでも速度制限が100km/h以上など例外がある場所もあります。

信号無視の罰金は$403

カメラが設置してある交差点があり、信号無視は$403の罰金になります。

また、スピードカメラも多く設置されていて、10km/h以下の速度超過は$201の罰金、 24km/h以下の速度超過は$322の罰金となります。

カメラが設置されている交差点や、スピードカメラの位置を教えてくれるアプリがあり、後々グーグルマップでもカメラの位置情報が共有されるようです。

飲酒運転も

オーストラリアではお酒を飲んだ後に車を運転する事ができますが、もちろん血中アルコール濃度によって基準が決められています。

The Legal blood alcohol concentration(BAC) が0.05以下の状態であれば運転できます。「BACが0.05以下」というのがどの状態であるかというのは個人差があるので一概に決めるのは難しいですが、1スタンダードドリンク(お酒1杯)なら大丈夫というところでしょう。

安全運転という意味では、飲んだ後にすぐ運転するのではなく、1時間ほど酔いを醒ました方が良いですね。「飲んだら乗るな」の姿勢も大切です。

メルボルンも郊外に出ると公共交通機関はあまり発達しておらず、車があると観光にも生活にも便利です。

日本人は試験や講習なしで免許の切り替えができますが、それは過去に日本人がしっかりとルールを守ってきたからこそ。安全運転で行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です